レーシックが原因でのドライアイ

ドライアイというのは眼の水分が少なくなり眼が乾いてしまう状態のことを言います。
レーシックというのは角膜を削ることになるので、角膜には眼の水分を調節させる神経が多くあることからレーシック後にドライアイを引き起こしてしまうこともあるのです。

 

ドライアイは目薬をさしていくことによって自然に治まる場合が多くなっています。
元々ドライアイの人だったとしましても、適性検査で合格をすればレーシック手術は可能なのです。レーシックとドライアイの関連性についての知識をまずはしっかりと理解しておく必要があります。
実際ドライアイの人というのは、レーシックのクリニックで細かなところをいろいろと相談してみるようにしましょう。 視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。



レーシックが原因でのドライアイブログ:21-4-12

ライスや食パン、パスタを食べないという
炭水化物抜きのダイエットって、あまりよくないみたいですね。

確かに、炭水化物を摂らないダイエット方法は、
短期間でかなりの体重を落とすことが可能なんですが…

具体的な方法は…
朝は糖分やミルクを入れない紅茶とグレープフルーツ半分、
14時は少量のオイルで火を通した肉や魚を少々と野菜、
17時は野菜や果物を好きなだけ…といった食事内容です。

この方法で実際に、
体重を大幅に短期間で減らしたという方もいますが、
1ヶ月以内でリバウンドしたという人も少なくありません。

さらに、炭水化物を一切摂らないダイエット方法は、
短期間集中で行うなら良いのですが、
体質が冷えやすくなり、基礎代謝が下がることから、
痩せにくい体質になるとも言われています。

炭水化物抜きのダイエットは、
野菜やフルーツで酵素は補っているのですが、
タンパク質を消化するビタミン、ミネラルが不足します。

ビタミン、ミネラルが不足し、
タンパク質が消化できないということは、
胃や腸などの消化器官に負担がかかり、胃腸が弱い方には向かないのです。

なので、
リバウンドしないダイエットや、
健康を損なわないダイエット、
美肌を保ち若々しさをキープするダイエットの為には、
炭水化物が不可欠なんです!

また炭水化物を食べることで、
脳からセロトニンが分泌され、満腹感も与えてくれるのです。

特に、精製していない炭水化物は良く噛まなければなりませんから、
少量でも腹が満足するので、
ダイエットの大敵である食べ過ぎも防いでくれますよ!