なんと交通費を貰えるクリニックもある

全国各地にクリニックを展開している大手の眼科医院が交通費の補助制度を実施しています。
補助金が支給されることとなる条件や金額はほぼ一定となっているので、上手に利用していきましょう。

 

レーシックの交通費支給はクリニックの県以外のところから訪れることが条件となっていることが多くあります。
いくら遠方だったとしましてもクリニックがある県の場合におきましては、支給の対象外となることもあるのでご注意ください。レーシックを受ける患者さんの負担を少しでも和らげるためのサービスが最近では充実しています。
数あるクリニックの中には遠方から訪問される患者さんに対して交通費を補填してくれるクリニックもあるのです。 誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。



なんと交通費を貰えるクリニックもあるブログ:20-7-02

コンバンワー

今日は寒かったですねー。

天気は曇りのちはれ。

1日ゆっくりしようとヒッキーで終わった。

友達のアメリカのお土産のお菓子を
食べつつ、ダイエット緑茶。

寒天ダイエットゼリーを食べておけよってカンジ
かもしれないけど、もらったものを食べないのもねー。

友達にあげてもよいけど、食べたいし♪

5日は美術館に行くんだけどね
着たい洋服があって、ちょっと脇腹が
気になるところ。

ダンベルとかはやっているんだけど、
気になるところは満足できないんだよね。

骨盤リズムがオススメ!っ聞いたから、
ちょっときになるところ。

一週間位前に聞いたんだけどね、聞いたらやっぱり
やってみたいところ。

7時から!とか言われると、ちょっと苦手
だから、自由気ままにやるほうが良いんだけどね。

となれば、やっぱりアブロケットとかで
晩くらいに帰ったら、お風呂とペアに
すると良いかもね。


休みの日って、ついついあれこれやっているうちに
1日が終わってしまうし、函館に行きたいと
思っても、誰かに誘われないと、なかなか行く機会が
なかったりして。

わたし・・・ひとりで出かけるとか苦手なんだけど、
読者様はどうですか?

ひとりで喫茶店に入ってゆっくりしている人もいるけど、
どーしてもできないんだよね。。。

そわそわしてしまうというか、落ち着いていられないと
いうか。

本を読んだり、パソコンであれこれしている人を見ると
カッコいいな〜って密かに憧れちゃいます(笑)

さて、そろそろご飯でも食べよっかなー。