なんと交通費を貰えるクリニックもある

全国各地にクリニックを展開している大手の眼科医院が交通費の補助制度を実施しています。
補助金が支給されることとなる条件や金額はほぼ一定となっているので、上手に利用していきましょう。

 

レーシックの交通費支給はクリニックの県以外のところから訪れることが条件となっていることが多くあります。
いくら遠方だったとしましてもクリニックがある県の場合におきましては、支給の対象外となることもあるのでご注意ください。レーシックを受ける患者さんの負担を少しでも和らげるためのサービスが最近では充実しています。
数あるクリニックの中には遠方から訪問される患者さんに対して交通費を補填してくれるクリニックもあるのです。 誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。



なんと交通費を貰えるクリニックもあるブログ:20-7-29

ミーは子供の頃を思い出すと、
いつも裸電球のうす暗いトイレが浮かんでくる。
ちり紙のかわりに新聞紙が置かれている…

その頃のミーは
色のない世界を生きているようだった。
どうしてミーの家は貧乏なのだろう。

ミーはお金持ちの家の子供に生まれたかった。
チャイムの鳴る家、きれいなトイレ、
フリルの着いたブラウス、おかし、そして自動車…

ミーは、いつも空想の世界で生きていた。
欲しい物は、何一つ手に入らない…
魅力的な品々は、次々と目の前に現われては素通りしていった。

田舎が嫌い、農業も嫌い!
ミーは、地元の高校へ行かなかった。
少しでも家から離れたかった。

高校卒業後、
貧しいにもかかわらず、
父母は、ミーの進学を許してくれた。

しかし、卒業したものの就職先も決まらず、
ミーは家に戻ることになった。

田舎に戻ったミーに、父母は何も言わなかった。
居心地も悪く、ミーは地元で仕事を探した…

地元に就職して、2ヶ月が過ぎた頃、
ミーは農家の長男と知り合った。

農家の長男、跡取り…
不安な材料ばかりだった。
やめよう、幸せになんてなれない…
やっぱり普通のサラリーマンがいいな。

「ミーたち、お父さんやお母さんに
遊びに連れていってもらったことなんて一度もなかったよね」
姉貴と二人で、農家なんて嫌だと話していた。

この家で、幸せなことは何一つとしてなかった。
現に目の前には、
不幸の象徴である母親がいるではないか…

その時だった。

「農家はたいへんだけど、秋に米ができるとうれしいもんよ」
母親がぽつりと言った。

母親の口からではなく
母親の身体の奥から、
さらりと出てきた言葉のようだった。

それは、長い間、農作業をしてきた
身体から出てきた魂のひびきにも聞こえた。