乱視の悩みはレーシックで解決

一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視というのは近視と比較をして視力の矯正が複雑になるので不可能とされていましたが、今ではそれが可能となったのです。

 

レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同じであり、角膜の屈折率を矯正してあげることで、元々の視力を蘇らせることが出来るのです。近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象となるのは近視に限ったことではなく、乱視の治療もすることが可能となっています。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。



乱視の悩みはレーシックで解決ブログ:20-9-17

減量をしていても、
正しい事をずっと続けていたら息が詰まってしまう…
だから人間なんです。

時には息抜きすることも必要で、
その息抜きをどこでどう取っていくかが
人間として大事なことだと思います。

そりゃ年がら年中、
日々日々、息抜きばかりしていたら、それも問題ですが…
息抜きの無い人生も本当に息が詰まって、心が死んでしまいそう。

だから、減量も
回り道をすることが必要だと思うんです。

実際、魅力あふれる人って、
完璧な人間ではないですよね?

時には間違った道に走ったり、
時には人に叱られてショボンとしていたり、
そんな人間くさい人の方が、結果的には「魅力あふれる人間」なんですよね。

完璧な人間なんて目指さないでください。
完璧な減量なんてやらなくていいです。

わたしは減量でも
悩んで、苦しんで、挫折しそうになりながら、
減量してて、
夜中にお菓子を食べてしまっても
大好きなチョコがやめられなくても
日本酒がやめられなくても
それでも減量して、

「あの人に告白したい」
「あの人に振り向いて欲しい」
「恋人をビックリさせたい」
「痩せてイキイキした人生を歩みたい」
…そんな思いを持っている人が大好きです。

悩んで、苦しんで、挫折を何度も味わって
それでも諦めきれないから減量する。
そんな人間くさい人が大好きです。

だからわたしは、
悩んでいる人、挫折しそうな人、自分が嫌いになりかけている人
そんな人を全力で応援したいと思います。

だって、そういう人が大好きだから…