レーシックの紹介制度を有効活用

レーシックの紹介制度は友人や知人がレーシックを受けようと考えており、クリニック選びに迷っている時に紹介をしてあげましょう。
謝礼金の制度は双方が得をするシステムとなっているので積極的に利用しましょう。

 

最近では安全性への重視などから、どのクリニックも割引制度を控えめにしているケースがあります。
しかし今現在でも実施しているクリニックは存在しているので比較サイトを参考にして探してみてください。レーシックの手術を受けた人が他の人を紹介して、その人がクリニックでレーシックを受けた場合、謝礼金が貰える制度があります。
ギフト券などを受け取ることが出来る利点だけではなく、紹介された人も割安価格でレーシック手術を受けることが出来るのが一般的です。 オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。



レーシックの紹介制度を有効活用ブログ:21-1-21

あたくしのお父さんは、優しくてすごく頼りがいのある人です。
少なくとも、あたくしにはそのように感じていました。

あたくしは、
お父さんのようにならなくてはならないと思っていたのかもしれません。
もしかしたら、あたくしが、
お父さんにようになれと言われてきたのかもしれません。

でも、そんなあたくしを試すかのように、
何度となく自分自身を情けなく
女々しくさせるようなことが起こりました。

そして、
「こんなあたくしでもいい?」というかのように、
お父さんの前で何度も、
そんな情けないあたくしを見せてきました。

出社拒否なんか、まさしくそうでした。

お父さんは、
「そんなときもあるよ…」
といってくれるのですが、
あたくし自身はそれを認めないんですよね。

「そんなこといってるけど、本当は怒ってるよね?」
と、自分自身が問いかけていたような気もします。

自分自身で認めたいけれど、それができないから、
お父さんに認めてもらうことで納得したい、
許してもらいたいというのがあったと思います。

そして、それを試すようにいつまでも
ウジウジと女々しい自分を
お父さんに見せたりしてたような気もします。

そして、
お父さんが怒り出したら、
「ほら、やっぱり」って、
こんなあたくしじゃダメだよねって思ったりしてたんですよね。

こんなことは建設的じゃないと思うんですが、
あたくしは何か新しいことを始める時に出てくる
パターンになってしまっていました。

そして、その自信のない自分を満たしてもらいたいという感情は、
父母とお子さんの関係だけでなく
旦那と家内の関係でも、
このパターンが出てきたりするんですよね。

そんなとき、こんな情けない自分でもOK!を出せれば、
すごく楽になるんだと思うんですよね。